海賊版ソフトをネット販売、権利侵害市価総額は600万余新台湾ドル
J170801Y2.J170801Y3 | 2017年9月号(J217) 前のぺージに戻る    
    海賊版ソフトが横行している。被疑者の李(女)はオークション開始価格1新台湾ドルを標榜して、マイクソフト作業ソフト(OS)の海賊版をネットで販売し、さらにホログラムラベル(COAラベル)やライセンス証書を自ら作製して混同を企んだ。内政部警政署保安警察第二総隊刑事警察大隊偵一隊はマイクロソフト社からの通報を受けて証拠を収集した後、李を逮捕するとともに、作業ソフト「Windows10」や「Office2013」等多数の商品を押収した。その権利侵害市価総額は600万新台湾ドルを上回るものと推定される。本件は著作権法及び商標法違反で警察による処理が始まった。(2017年8月)