為升電装が提起した特許侵害訴訟、車王電子が勝訴
J171219Y1 | 2018年1月号(J221) 前のぺージに戻る    
    為升電装工業股份有限公司(Cub Elecparts Inc.、以下「為升電装」)は車王電子股份有限公司(Mobiletron Electronics Co., Ltd.、以下「車王電子」)のタイヤ空気圧監視システム(TPMS)が自社の特許を侵害しているとして、2016年10月知的財産裁判所に対して特許侵害の損害賠償金2億新台湾ドルを請求する訴訟を提起していた。
    車王電子は、第三者鑑定により分析・対比を行ったところ、その製品は権利を侵害していないと判断されており、係争製品の販売総額も20万米ドル未満であり、為升電装の請求額とはかけ離れていると主張した。
    知的財産裁判所は審理の末、2017年12月18日、車王電子のTPMSには原告である為升電装の特許を侵害した事情はなく、原告の訴えを棄却する判決を下した。全件はさらに上訴できる。(2017年12月)