著作権
裁判年度 :
番号 タイトル 裁判年度
1 著作権法違反 「宅貓妙可」と「愛蜜莉と波奇のイラスト」は実質的に類似せず、盗作ではないため著作権侵害を構成せず 2019年
2 著作権侵害 智冠「武林群俠傳」を剽窃、コンピュータゲーム会社に2400万新台湾ドルの賠償命令判決 2019年
3 著作権法違反 未許諾のキャラクター図案を無断で使用、有名レストランが著作権法違反 2019年
4 著作権侵害 客房デザインを模倣、ファイブスターホテルに内装撤去の判決 2018年
5 著作権侵害 著作権登記には権利推定の効力がなく、当事者間に争議があった場合、なお自らが挙証責任を負うべきである。 2018年
6 著作権侵害 憲兵指揮部がコンピュータソフトを調達、下請け業者の紛争により権利侵害の損害賠償命令判決 2017年
7 著作権法違反 商標の争い!宝来文創による盗用の訴え 鼎泰豊は合法的な使用 2017年
8 著作権法違反 アイデア提供のみで創作に参加しなければ著作権者にあらず 2016年
9 著作権侵害 女性がナンパ男性の個人メールを公開、著作権侵害で1万1000新台湾ドルの賠償命令 2016年
10 著作権法違反 著作権主張の日本アダルトビデオメーカーが一審勝訴 2015年
11 損害賠償 誘いのメッセージをネット投稿 不法行為のため、女性に台湾ドル1.1万元の賠償判決 2015年
12 著作権法違反 イラストレーターが金酒を著作権侵害で提訴するも敗訴確定 2015年
13 著作権法違反 一日100件、いっそのことコピー 販促資料を剽窃、誤字までそのまま 2014年
14 著作権法違反 初めて知的財産裁判所がアダルトビデオに著作権を認める判決 台大教授が「独創性有り」と鑑定 2014年
15 著作権集中管理団体条例 音楽著作物商用配信の使用料率変更訴訟、知的財産局が敗訴 2014年
16 著作権侵害 著作権者の同一性保持権の侵害の構成は、変更結果が著作権者の名誉に対して、影響を生じたか否かによって判断すべきで、全ての変更行為が侵害行為に該当するものではない。 2013年
17 著作権法違反 オンラインゲームの個人サーバーは著作権に違反しない 2013年
18 著作権法違反 一行為が非親告罪である著作権法第91条の1第3項要件に該当するか否かは、複製物そのものの性質、製作方法等を観察すべき 2013年
19 著作権法違反 行為者によるオークションサイトへの商品写真掲載は、不特定の者に商品の出所を明確にさせるため、著作権法第91条の1第2項の陳列行為に該当 2013年
20 著作権法違反 他人が撮った愛犬の出展写真を取り込み、無断で自分のブログにアップするのは違法 2013年
21 著作権法違反 消費者にとってゲーム光ディスクの価値は娯楽効果にあるため、その主要価値は商標権ではなく著作権 2013年
22 著作権関連事務 使用料率について利用者が異議申立できる事項、著作権主務機関が変更できる事項は使用料の算定基礎、比率又は金額のみ 2012年
23 著作権侵害 辞典の内容に係る係争 裁判所は「著作権侵害せず」と判断 2012年
24 著作権法違反 「妹妹背著洋娃娃」歌い継がれて60年、知的財産権保護は遡及せず童謡光ディスク製作に無罪 2012年
25 著作権侵害 ソフトウェアの使用許諾数量は契約書に明記すべき 米ブロードビジョンの契約書には未記載、愛立信に対する民事賠償請求第一審は敗訴 2012年
26 著作権関連事務 音楽著作権協会のカラオケ使用報酬の引き上げについて、知的財産裁判所による不許可の判決 2011年
27 著作権法違反 台湾メディアにダメージを与えたFOXY責任者に懲役1年半の有罪判決 2011年
28 著作権法違反 法律網がデータを複製した件 法源が月旦に勝訴 2011年
29 権利侵害行為の損害賠償 中帝海賊版の件 マイクロソフトが76億の高額賠償を受ける 2011年
30 著作権侵害 古龍の著作争議 邵氏は処罰されず、ディスク業者は賠償を命じられ 2011年
総数: 34