営業秘密
裁判年度 :
番号 タイトル 裁判年度
1 外国会社の本国が台湾と同じく、WTOの加盟国であれば、当該外国会社は台湾で法に基づき、営業秘密侵害の告訴を提起することができる。 2021年
2 GOGOROが元管理職二名による悪意ある引き抜き及び競業避止義務違反を訴えたが、賠償不要の判決 2021年
3 営業秘密の侵害差止請求権に係る認定 2020年
4 秘密保持契約を結んだ被告人が許諾を得ずに、知得した営業秘密について事情を知らない第三者である事務所に実用新案登録出願を委託して取得したため、営業秘密法に違反 2019年
5 従業員が会社の許可を得ずに作業内容を電子メールで送付した場合、会社の営業秘密保護に違反 2018年
6 告訴人の指摘を証拠とする方法は、その指摘に瑕疵がなく、且つ調査のうえ事実に合致すると裏付ける証拠があって、始めて判決の根拠に資することができる。 2018年
7 10メートル外に新規出店で競争、競業禁止契約に違反、営業秘密も侵害 2017年
8 競業避止義務条項及び営業秘密保護の合理性に係る判断 2016年
9 寿司職人が独立して開店、前使用者が契約違反で告訴するも敗訴 2014年
10 鴻海の競業避止義務条項、裁判所は「厳しすぎ」と認定 2013年
11 雇用者には競業禁止特約によって保護される利益が存在しなければならず、それは企業経営又は製造技術漏洩の有無、又は固定客或いは供給業者に影響を与えるおそれの有無によって判断すべきである。 2012年
総数: 11