公平交易法(公平取引法)
裁判年度 :
番号 タイトル 裁判年度
1 公平交易法第20条第2号でいう「正当な理由なく差別的待遇を与える競争制限行為」は、正確な事実に基づき差別的待遇行為の範囲を認定して、始めて行政処分の明確性原則に適合。 2019年
2 不当なキーワード文字列を作成、掲載し、競争相手を検索している消費者に誤って自己公式サイトにアクセスさせて取引機会を増やし、他人の努力成果を奪い、取引秩序に影響するに足りる著しく不公正な行為を構成するので、公平交易法第25条規定に違反する。 2019年
3 加盟本部が軽度な手段により加盟店の仕入数量に干渉した場合、たとえ契約締結前に開示がなくても著しい不公正行為を構成しない 2018年
4 価格比較サイトが同意なく各業者のネット上公開情報を集めて整理しても、公平交易法第25条に抵触せず 2018年
5 国内外チョコレート商標紛争勃発! HERSHEY'SがKAISER'Sを告訴するも、知的財産裁判所はHERSHEY'Sに敗訴判決 2017年
6 共同行為の判定、公平会は今後の法執行において「実質的認定」に限らず、「協調的行為」理論を採用し、「間接証拠」で推論できる 2017年
7 「真相達文西」特別展業者に不実の広告で50万新台湾ドルの過料、提訴するも敗訴 2016年
8 Uberに公平交易法違反で100万新台湾ドルの過料、提訴するも敗訴 2016年
9 独リモワ(RIMOWA)による模倣品の提訴で台湾企業が敗訴 2016年
10 公平交易委員会の主張「台塑、台化が独占的地位を濫用」が認められず敗訴確定 2015年
11 独立系発電事業者の契約変更交渉拒否事件が差戻し審へ 長生等9社に対する公平交易委員会の処分に係る上訴を最高行政裁判所が支持 2015年
12 共同経営の届出せず過料900万新台湾ドルに処せられた銭櫃と好楽迪が敗訴 2015年
13 台湾房屋が不動産情報を「住通搜尋」サイトに利用され、公平交易法違反で提訴、権利侵害が認められ賠償金30万新台湾ドルの支払命令判決 2015年
14 「慶餘堂」商標訴訟 原告の漢方薬販売業者に敗訴判決 2014年
15 広告で燦坤は高いと指摘 PChomeが賠償すべきとの判決 2014年
16 補正下着の競争で、瑪麗蓮の不評流布を委託した維娜斯の責任者に刑事罰 2014年
17 牛乳の協調値上げで、3業者に対する3000万新台湾ドルの課徴金確定 2014年
18 公平会が台北市記帳士公会の共同独占を処罰 公会が上訴するも敗訴 2014年
19 光ディスクドライブのカルテル訴訟、公平会が敗訴を喫す 2014年
20 事業者が他の事業に影響する程度を支配して、市場の競争を妨害する危険を及ぼしてはじめて、公平取引法第6条第1項第5号に該当する。 2013年
21 CD-R市場独占の優位を濫用するフィリップスに300万新台湾ドルの過料、敗訴が確定 2013年
22 維力との結合 統一の敗訴が確定 2013年
23 廃棄IT機器回收カルテル、業者の敗訴確定 2013年
24 コンビニによるコーヒーの価格カルテル 第一次差戻審で処罰免除 2013年
25 製紙業者3社の協調値上げに対する処罰で公平会が敗訴 2012年
26 飛碟ラジオ公司が実質的に中国ラジオ公司を支配し、違法な企業結合を構成したとして公平会が処罰。 高等行政裁判所がこれを取消し。中国ラジオ事件で飛碟公司が罰金300万元の支払いを回避。 2011年
27 老舗ブランド「黒人歯磨き粉」が「白人歯磨き粉」の模倣による権利侵害嫌疑を主張して行政訴訟を提起。消費者が白黒区別できるので模倣に当たらないと最高裁判所が判断。 2011年
28 「格子趣」が加盟者に十分情報を開示せず公平交易法に違反したとして処罰されたが、反対に勝訴 2011年
29 表示若しくは表徴の「多重の合理的な解釈」とは、表彰する客觀的文義に対する大衆の解読であり、事業者自身の内部の主観的な詳細説明若しくは認知ではない 2011年
30 広告における最上級の用語が確かに最上級に属すると推論するに足る客観的なデータ等の情報出所を提出できない場合、「虚偽不実又は人に誤解を与えるような表示」に属し、客観的陳述ではないとみなされる事例 2011年
総数: 35