音楽使用許諾係争、FOXとNGCに賠償命令の判決
J190523Y3.J190523Y6 | 2019年6月号(J238) 前のぺージに戻る    
    香港FOX NETWORKS GROUP ASIA PACIFIC LIMITEDの台湾支社(以下「FOXネットワーク」)と米国NGC NETWORK ASIA, LLCの台湾支社(以下「NGCネットワーク」)は使用料を支払わずに、広告音楽を公開放送して、大英音楽有限公司(BIGIN MUSIC INC)等著作権者17社から民事訴訟を提起され賠償金を請求されていた。台北地方裁判所は先日、FOXネットワークとNGCネットワークに対してそれぞれ573万余新台湾ドル、85万余新台湾ドルの賠償金を支払うよう命じた。
    原告の主張によると、長年にわたりFOXネットワーク及びNGCネットワークと広告音楽の使用許諾契約を結んできたが、2014年に契約期間が満了となった後、FOXネットワークとNGCネットワークは新たに契約を締結せず、さらに2015年分の使用料を支払わずに、2015年から6月30日まで原告の同意又は許諾を得ずに広告音楽を使用し続けたため、裁判所に対してFOXネットワークとNGCネットワークに使用料を支払うよう命じる判決を下すよう請求したという。
    裁判官は審理の結果、2014年12月31日を過ぎてからは双方の間に広告音楽著作物の部分に関する使用許諾契約等の契約関係が存在しておらず、被告は同意又は許諾を得ずに2015年から2016年6月30日まで被告が経営するチャンネルにて広告音楽を公開放送し、広告音楽著作物の著作財産権を侵害したと認めた。裁判官は被告が音楽を放送した回数、単価に基づいてFOXネットワークには原告17社に対して合計573万余新台湾ドルを、NGCネットワークには原告15社に対して合計85万余新台湾ドルを賠償するよう命じる判決を下した。本件はさらに上訴できる。(2019年5月)