知的財産局が2019年上半期の知的財産権に関する動向を発表
J190731Y1.J190731Y2 | 2019年8月号(J240) 前のぺージに戻る    
    2019年上半期に三種類の「専利」(特許、実用新案、意匠を含む)の出願件数は合計35,534件に達し、前年同期比で1%増加した。そのうち意匠は10%増加して、大きく成長している。商標登録出願件数は41,986件に達し、前年同期比で横ばいとなった。台湾人による特許出願件数は2%と小幅ながら成長し、外国人による意匠登録出願件数は30%の急成長を遂げている。特許出願件数を出願人別にみると、台湾人では台湾積体電路(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Limited)が、外国人ではアリババがそれぞれ首位を占めた。
 
一、2019年上半期の専利出願について
(一) 意匠登録出願件数が大きく成長
    特許、実用新案、意匠の出願件数合計は35,534件に達し、前年同期比でわずかに成長した。そのうち特許(22,775件)と意匠(4,259件)はそれぞれ1%と10%の成長となったが、実用新案(8,500件)は5%減少した。
(二)外国人の意匠登録出願件数が30%成長
    台湾人の出願のうち、特許(8,563件)の出願件数は前年同期比で2%と小幅ながら成長したが、実用新案(7,978件)と意匠(1,960件)は減少している。外国人の出願のうち、特許(14,212件)と意匠(2,299件)は増加したが、実用新案(522件)は減少した。外国人の意匠登録件数は30%増加しており、フランスからの出願件数が急増したこと、さらには日米を始めとする他の主要国が成長していることがその背景にある。
(三)台湾企業による特許出願件数は台湾積体電路が最多
    台湾企業全体の特許出願件数は小幅ながら増加しており、そのうち台湾積体電路が429件で最も多く、友達光電 (AU Optronics Corp.)が318件、聯発科技(MediaTek Inc.)が163件でそれぞれ2位と3位を占めた。台湾積体電路と友達光電は前年同期比で成長率がそれぞれ24%と30%に達し、大きく成長した。さらに台湾の中小企業の特許出願件数はここ3年成長し続け、2019年上半期の成長率が16%に達しており、これは特許で研究成果を保護するという観念が中小企業に重視されつつあることを示すものである。
(四)学校による特許出願件数は清華大学が最多
    台湾の大学による特許出願件数は後退しており、公立、私立ともに減少している。出願人別にみると、国立清華大学(National Tsing Hua University)が44件(13%増)の特許出願を行い、大学の首位を占めた。私立校では亞東技術学院(Oriental Institute of Technology)と長庚大学(Chang Gung University)がいずれも18件で最も多かった。また公立と私立の特許出願件数はそれぞれ381と319件で、学校による特許出願件数の54%、46%をそれぞれ占めた。前年同期に比べて私立校の比率が上昇している。
(五)工業技術研究院の特許出願件数が他の研究機関をリード
    台湾の研究機関の特許出願件数は小幅に減少した。そのうち工業技術研究院(Industrial Technology Research Institute)が81件で最も多く、2位の中央研究院(National Academy、22件)を始めとする他の研究機関を大きく引き離している。
(六)外国のアリババとルノーが特許及び意匠を積極的に出願
    外国人による特許出願件数については、日本が6,707件で最も多く、米国(3,047件)を始めとするその他の国(地域)を大きくリードした。成長率については、日本(5%増)と香港(56%増)がいずれも増加しており、積極的に特許戦略を進めている。出願人別にみると、香港のアリババが408件で最多となり、前年同期比で92%増加している。
    外国人による意匠登録出願件数については、日本が704件で最も多く、上位5ヵ国(地域)のうちドイツ以外はすべて成長している。とくにフランスは400%増加し、急成長を遂げた。出願人別にみると、フランスのルノーが102件で最も多かった。

二、2019年上半期の商標出願について
(一)商標の登録出願件数は横ばい
    商標の登録出願件数は41,986件に達し、前年同期比で横ばいとなった。台湾人による出願件数は29,957件で、0.2%と小幅に増加した。外国人による出願件数は12,029件で2%減少しており、これは主に米国と香港からの出願件数が減少した影響を受けたためである。 
(二)外国人では中国の出願件数が最多
    外国人による出願件数については、中国大陸の出願件数が2,958件で最も多く、前年同期比で8%増加した。日本(2,249件)と米国(1,828件)はそれぞれ2位と3位を占めた。外国人による商標登録件数上位5ヵ国(地域)をみるとアジアの国(地域)が4席を占め、その出願件数合計は、なお小幅ながら増加している。(2019年7月)