知的財産局が2021年上半期の知的財産権に関する動向を発表
J210727Y1.J210727Y2 | 2021年8月号(J264) 前のぺージに戻る    
    2021年上半期に三種類の「専利」(特許、実用新案、意匠を含む)の出願件数は合計35,264件、商標登録出願件数は46,379件に達し、それぞれ前年同期比で4%増、7%増となり、いずれも成長を遂げた。台湾人による特許出願件数は急成長しており、これは大企業からの出願件数が21%増加していることが主因となっている。そのうち台湾積体電路(TSMC)は出願件数が1,263件に達し、初めて1千件を突破して独走状態にあり、他の台湾人/外国人出願人を大きく引き離した。外国法人の中ではクアルコムが454件の特許を出願して最多となった。商標登録出願件数は再び過去最高記録を更新し、台湾人、外国人ともに7%成長した。総体的にみて、2021年上半期の知的財産権(の出願)は概ね安定成長を呈した。
 一、2021年上半期の専利出願
 (一)台湾人の特許出願件数は1割強の増加
わが国が受理した三種類の専利出願のうち、特許は23,876件に達し、台湾人と外国人の出願がいずれも前年同期比で増加しており、とくに台湾人の成長率(13%)は外国人(6%)を大きく上回っている。実用新案と意匠については、外国人の出願件数がそれぞれ22%、5%増加している。
 (二)台積電の特許出願件数は過去最高
台湾企業による特許出願件数は合計7,650件となり、前年同期比で増加し、台湾人の特許出願全体の約79%を占め、台湾企業に高度に集中していることがわかる。各年上半期を比較すると、企業の特許出願件数は5年連続で成長し、しかも2021年上半期の成長率はここ5年で最高を記録した。これは大企業の出願件数が21%と急成長したことが主因となっている。
出願人別にみると、TSMCの出願件数が1,263件で、上半期としては初めて1千件を上回り、出願人別の出願件数としては過去最高を記録し、台湾のイノベーションに重要な役割を果たしている。それと同時に、成長率も237%に達し、台湾の他の出願人より積極的だといえる。また、意匠登録出願については、巨鎧(COPLUS)が59件で最も多かった。
 (三)陽明交通大学の特許件数が大学のトップ
台湾の大学による特許出願件数は前年同期に比べてやや減少している。出願人別にみると、大学全体では国立陽明交通大学(National Yang Ming Chiao Tung University)が59件で首位を占め、私立学校としては崑山科技大学(Kun Shan University)が26件で最も多かった。さらに2021年上半期に公立学校の特許出願件数は前年同期比で4%増加し、大学全体に占める割合は64%に上昇している。
 (四)研究機関による特許出願件数は小幅増
台湾の研究機関による特許出願件数は前年同期比で4%増加し、その中でも工業技術研究院(Industrial Technology Research Institute)が101件で最も多かった。
 (五)金融三業界の特許出願では中国信託が卓出
台湾の金融三業界(銀行、証券、保険)による特許出願は72件、実用新案登録出願は267件であり、いずれも銀行が最も積極的で、とくに中国信託商業信託銀行(CTBC Bank)が特許(19件)、実用新案(66件)のいずれにおいても金融三業界の首位を占めるという卓出したパフォーマンスをみせた。
 (六)外国人としては特許でクアルコム、意匠でハリーウィンストンが最多
台湾で知的財産権ポートフォリオを構築している国(地域)の中で、特許と意匠の出願については日本がそれぞれ6,044件と512件で最も積極的であり、実用新案については中国が358件で最も多かった。
出願人別にみると、特許出願の件数ではクアルコムが454件で最も多く、成長率では韓国の韓領(COUPANG CORP.)が442%で最高を記録した。意匠登録出願についてはスイスのハリーウィンストンが97件で最も多かった。

 二、2021年上半期の商標登録出願
 (一)台湾人の商標登録出願件数は再び最高記録更新
受理した商標登録出願件数は46,379件(区分ベースで59,814区分)に達し、前年同期比で7%増加して、台湾人、外国人ともに成長している。とくに台湾人の出願は35,048件に上り、再び最高記録を更新した。
 (二)台湾人は第35類、外国人は第9類の出願件数が最多
区分別にみると、台湾人は第35類(広告、企業経営及び小売卸売サービス等)の出願が6,919件で最も多く、16%成長している。外国人の出願件数を国(地域)別にみると、中国大陸が2,333件で最も多く、区分別にみると、第9類(コンピュータ及びハイテク製品等)が2,115件で最も多かった。
出願人別にみると、台湾人、外国人ともに出願件数が大幅に成長している。台湾人の中で、国を越えてチェーン展開している全家便利商店(Taiwan FamilyMart Co., Ltd.)が一挙に(前年同期の0件から)145件に件数を伸ばして首位を獲得した。2位は食品業の統一企業(Uni-President Enterprises Corporation)で、139件出願した。外国人では、前年上半期に出願がなかった香港の兔女孩(Bunny Girl Limited )とケイマン諸島の游老集団(Ulao Group Corp.)がそれぞれ135件と90件で、1位と2位を占めた。
 (三)業種別では農業食材産業が首位
業種別にみると、台湾人としては「農業食材」が10,621件出願して最も多かっただけではなく、外国人による各業種別の出願件数も上回った。外国人で最も多かった業種は「健康医事」で3,654件だった。(2021年7月)