知的財産局が2021年「専利」トップ100を公表
J220215Y1 | 2022年3月号(J271) 前のぺージに戻る    
    知的財産局は2021年専利出願及び公告・証書交付統計資料を公表した。専利(特許、実用新案、意匠を含む)の出願について、内国出願人としては、台湾積体電路製造股份有限公司(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Limited、以下「TSMC」)が1950件で六連覇を達成した。外国出願人としてはQualcomm(845件)が2年連続で首位を獲得している。専利の証書交付については、内国出願人としてTSMCが1053件、外国出願人としてがApplied Materialsが492件でそれぞれ首位を獲得した。また、内国出願人の専利出願件数トップ100入りした「企業」と「研究機関」による「特許」出願件数は前年比でそれぞれ17%、11%増加している。
    一、内国出願人の専利出願件数で、TSMCが六連覇
    内国出願人についてみると、TSMCの専利出願件数は2016年から首位を維持しており、2021年は1950件出願して、前年比で78%と大幅に成長し、友達光電股份有限公司(AU Optronics)(471件)がそれに続いている。4位の瑞昱半導體股份有限公司(Realtek Semiconductor)(442件)と6位の南亞科技股份有限公司(Nanya Technology)(290件)は2001年以来の最高記録を達成している。台達電子工業股份有限公司(Delta Electronics)(205件)も18%成長し、2015年に続いて再びトップ10入りを果たした。
    2021年内国出願人の専利出願は1万2234件に達し、年成長率は8%に上った。専利全体の75%を占める特許が13%成長しており、そのうち企業と研究機関の特許出願はそれぞれ17%、11%成長した。意匠登録出願も1%増加したが、実用新案登録出願は7%減少し、特に教育機関による出願が20%減少している。
    二、金融機関6行が専利出願トップ100入り:兆豊が専利出願で首位、華南は特許出願で最多
    金融機関6行が内国出願人による専利出願トップ100入りし、兆豊国際商業銀行(Mega Bank)(165件)が金融機関の最多となり、それに中国信託商業銀行(CTBC Bank)(155件)、合作金庫商業銀行(TCB Bank)(144件)が続き、成長率は53%~85%に達している。また、華南商業銀行(Hua Nan Bank)(46件)は2020年から2年連続で特許出願最多の金融機関となっている。
    三、台湾教育機関としては城市科大が専利出願首位、陽明交通大が特許出願で最多
    教育機関28校が内国出願人による専利出願トップ100入りし、台北城市科技大学(Taipei City University of Science and Technology)(170件)が教育機関の中で最多となった。とくに特許出願については、2021年に国立陽明大学(National Yang-Ming University)と国立交通大学(National Chiao Tung University)が合併した国立陽明交通大学(National Yang Ming Chiao Tung University)が135件で教育機関の首位を獲得し、国立成功大学(National Cheng Kung University)(102件)、国立台湾大学(National Taiwan University)(86件)、国立清華大学(National Tsing Hua University(86件)がそれに続いた。
    四、工研院の特許出願件数は研究機関のトップ
    研究機関5機関が内国出願人による専利出願トップ100入りし、トップ100で5位の財団法人工業技術研究院(Industrial Technology Research Institute、略称「工研院」)(404件)が研究機関としては最も多く、財団法人金属工業研究発展中心(Metal Industries Research & Development Centre)(89件)がそれに続いた。
    五、外国出願人による専利出願はQualcommが2年連続首位
    外国出願人による専利出願トップ10をみると、首位のQualcommが前年比で17%成長して845件出願し、Applied Materials(793件)、東京エレクトロン(477件)、Disco(225件)がそれぞれ2位、5位、10位にランキングされて、半導体設備メーカーが10社中4社を占めた。ASML Netherlands(265件)は過去最高を記録して、初めて8位に躍り出た。Samsung Electronics(520件)は4位に上昇し、98%成長して10社の中で最高の成長率となった。
    2021年外国出願人による専利出願件数は1万4149件に達し、年成長率は5%に上った。専利全体の87%を占める特許が5%成長し、実用新案と意匠もそれぞれ3%、6%成長した。(2022年2月)