工研院が米アプライド・マテリアルズとMOU締結、オープンイノベーションの交流プラットフォームを構築
J190612X5.J190611X5 | 2019年7月号(J239) 回上一頁    
   工業技術研究院(Industrial Technology Research Institute、略称「工研院」)は米アプライド・マテリアルズ(Applied Materials, Inc.)と協力してオープンイノベーションの交流プラットフォームを構築し、力を合わせて革新技術の商品化について成果をあげていく。双方は2019年6月11日に協力覚書(MOU)を締結し、今後はこの交流プラットフォームを礎として、新たな技術提携プロジェクトを開拓し、台湾電子産業とボーダレス企業、双方の研究成果を積極的に高めて、産業の新たなビジネスチャンスを創出していく。
   今回のMOU締結の重点には「オープンイノベーションと商業化の提携プラットフォーム」を発展させて、ディスプレイ、最先端パッケージング工程、スタートアップ投資等の分野における提携を一層深めることが含まれる。このMOUを通じて、双方はさらに毎年合同サミットを開催して、定期的に提携の進捗状況と新たな提案の構想を確認していくとしている。(2019年6月)