台湾意匠登録出願に係る優先権書類の電子的交換開始に関するお知らせ
2021/12/03 | 専利(特許、実用新案及び意匠) 前のぺージに戻る    

台湾意匠登録出願に係る優先権書類の電子的交換開始に関するお知らせ 

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 

    さて、台湾と日本双方の特許庁の間で合意された優先権証明書の電子データ交換プログラムにつきましては2013年から特許出願及び実用新案登録出願に適用されておりますが、この度、台湾特許庁は2022年1月1日から意匠登録出願にも適用を拡大することが公告されました。 
    この公告により、台湾での意匠登録出願において日本意匠登録出願の優先権を主張した場合、2022年1月1日から優先権証明書の替わりにDASのアクセスコードを提出することが可能となりました。意匠登録出願の出願日が2022年1月1日以前の出願であっても適用対象となります。従いまして、意匠登録出願の優先権証明書の提出期限(優先日より10ヶ月)が2022年1月1日以後であれば、優先権証明書の紙媒体の替わりにDASアクセスコードのみを提出することが可能です。 
    以上、最新情報をお知らせ申し上げます。ご参考になれば幸甚に存じ上げます。 
    宜しくお願い致します。 
敬具 

台湾国際専利法律事務所 
TIPLO Attorneys-at-Law 
2021.12.03